プロフィール

3発君!

Author:3発君!
ようこそ!、3発君!のサンサン日記へ!!

ご訪問いただいた方々に癒しとクスクス笑いの提供をモットーに、細々ながらブログ更新していきます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR

鈴虫

今年から我が家に仲間入りしました鈴虫。
7月に鈴虫をもらった時は、どうしよう?と思いました。
我が家に来た時は、まだ羽が生えてなくて、鳴きませんし、小さくて黒い様は、まるでゴキブリの赤ちゃんみたいだし…。

だんだんと成長して、8月に入ったくらいからか、羽も生え揃って、鳴き出しました。
り~ん、り~ん、り~ん…。
名前通りに鈴の音と言えば、そう聞こえなくもないですが、風鈴の音って言ったところですかねぇ。
いずれにしても、綺麗な澄んだ鳴き声なのは、間違いないですよ。
ちなみに、鳴くのはオスだけで、羽を立てて鳴きます(いつも画像がちょっとピンぼけですみません…)。





子どもの頃、「虫のこえ」って歌を歌いました。
以下の様な歌詞です(懐かしい!)。
松虫、くつわ虫の鳴き声は聞いた事がないけれど、ホンマにこんな鳴き声なんだろうか…。
がちゃがちゃ、って…。

『虫のこえ』
あれ松虫が 鳴いている
ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
あれ鈴虫も 鳴き出した
りんりんりんりん りいんりん
秋の夜長を 鳴き通す
ああおもしろい 虫のこえ
きりきりきりきり こおろぎや(きりぎりす)
がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫
あとから馬おい おいついて
ちょんちょんちょんちょん すいっちょん
秋の夜長を 鳴き通す
ああおもしろい 虫のこえ


我が家の鈴虫、今夜も元気に鳴いています。
とってもええ声~です。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
関連記事

金魚

久々のブログ更新。
今年の夏もだんだんと終わりが近付いてきてますね。

夏と言えば夏祭り、夏祭りと言えば金魚すくい。
そんな金魚すくいを1年中やれる所が、奈良県大和郡山市にあります。
ご存知かもしれませんが、大和郡山市は金魚すくいの全国大会も開催される金魚の町です。

下の画像のとおり、年中、金魚すくいをやれる所がありますので、金魚すくい好きな方はいかがでしょうか?



予定では、この金魚すくいのお店をメインにしてブログを書こうと思っていましたが、予定を変更。

当たり前ですが、金魚すくいに必要なのが、金魚。
大和郡山市には、金魚の養殖の池(?)が沢山あります。
こんなにも金魚って需要があるんやぁ、とちょっとビックリしました。
残念ながら画像が無く、雰囲気が分かりませんね…。すみません!

金魚業者の一つ(有)やまと錦魚園には、「泳ぐ図鑑 金魚水族館」と銘打った「郡山金魚資料館」が併設されております。
これまた画像が無くて申し訳ありませんが、色々な珍しい金魚が水槽に入れられて、陳列されていましたよ。
金魚って、こんなにも種類があるんだなぁと感心しました。
しかも入館料が無料ですので、得した気分です。

屋外には、販売用の金魚の生け簀(?)がこんな感じ。



金魚すくいでおなじみの小さい和金は、まるでオレンジのカーペットみたいな感じ。うじゃうじゃ泳いでます。



ちょっとグレードの高い金魚は、ゆったりと暮らしています。



ふと思いましたが、金色じゃなく赤色なのに、なぜ「金魚」って言うんだろうか?

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
関連記事

鳴門のうずしお

久しぶりのブログ更新。
なかなか更新できず、8月は1ケ月の記事数が過去最低になってしまいました…。

さて、今回は、鳴門のうずしおの話。
先日、淡路島に行く機会があったので、鳴門のうずしおを見て来ました。

淡路島の福良港から観潮船「日本丸」に乗りました。
土日と言うことで臨時便の「日本丸」が運航されておりました。
ちなみに、通常便は「咸臨丸」です。

干潮の時間帯でうずしおが見頃の船だったので、乗客が沢山いました。
臨時便も出航するはずですわ。
約1時間のクルージングでして、大きな船ですから、さほど揺れも感じませんでした。



うずしおは、海面に高低差が生じるから発生するらしいですが、鳴門大橋の下に行くと、本当にハッキリと海面に高低差があって、高いところから低いところへ海水が流れ込んで、うずしおが出来ていました!
近くの子供が「機械が海の中にあって、うずしおが出来るのか?」と言ってたけど、分かる気がするなぁ。
どんどんと大小のうずしおが出来てましたから。

なかなかうずしおを撮るのが難しく、うずしおが分かりにくい写真ではありますが載せておきます。





それから、乗船場の隣に足湯スポットがありまして、無料で足の疲れを癒せます。
名物のタコに因んで、蛸壺型の足湯がありましたよ。
ちょっと笑えます。
タコは入ってませんからご安心を!





淡路島、とっても良い島ですよ。
皆さんもぜひぜひ、お立ち寄り下さいませ。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
関連記事